お問い合せ、依頼、相談は、
お気軽にメール又は電話にて
連絡ください。    



    
家づくりはどこに頼むの?

 家を建てる土地が決まったら、いよいよ家づくりですが、
あなたは
誰に任せますか?

大きく分けると、1.ハウスメーカー、2.地元工務店、3.設計事務所 の
3パターンが浮かびます。

浜松市のような地方では、ハウスメーカーに依頼する方が多数でしょう!!
都心部ののような敷地条件が厳しい場所では、規格化されたハウスメーカーでは
対応できないので、地元工務店に軍配が上がりそうです。

圧倒的にシェアの低い「設計事務所」ですが、依頼する価値はないのでしょうか?

いえいえ、そんなことはありません。
 自分にあった家は、規格品ではなく、やっぱり注文です!!
”建設予定の敷地の資料”と”住まいの希望”、”予算”をお伝えください。
 他にはない、個性のある住まいになるでしょう。

  → 家づくり 設計事務所に依頼するのが一番簡単!!


1.ハウスメーカー

ハウスメーカーは、比較的会社の規模も大きく、全国展開しテレビ宣伝等もしているので、
知名度もあり安心なイメージがあります。
メリットは、独自開発されたノウハウで大量生産されるため、品質が均一であることだと
思いますが、
デメリットは、規格化されているため、ちょっとした変更等の融通が利かない。
本体費用が安くても、設備接続、オプションや別途工事等を合算すると、
結構高くつくことになる。


2.地元工務店

地元工務店は、ハウスメーカーのような規格化された会社もあるが、
ほとんどが設計施工の注文住宅を扱っている。
メリットは、設計施工であるため、計画段階でも予算が確認しやすいし、
地場に根づいているので長くつきあえる。
デメリットは、設計料が一見無料に感じるが、見積金額のどこかに入っており、
下請けで設計事務所を使い、実施設計や建築確認を行っている。
設計事務所は下請けであるため、工務店の利益にメリットがあるよう設計される。


3.設計事務所

設計事務所は、大半が小規模事務所で、宣伝も無く、どんな仕事をしているのかも解らないため、依頼しにくい。これは我々にとっても最大のデメリットだと思う。
また、”建築家”と聞くと、自分の好みで好き勝手に設計されてしまいそう、と言う悪いイメージを持っておられる方も少なくないと思う。
しかし家を建てる上での
メリットは、他の二パターン以上にあると思う。
1.自分の希望すること、予算を伝え、敷地に合った最大限の可能性を模索できる。
2.予算を自分の必要なところに使い、こだわらないところは簡単に済ませる等、
  適した配分をすることで、無駄なこと、不要なものにお金を掛けなくてすむ。
3.工務店の下請け設計事務所と違い、常に第三者としての立場で施主の意向を
  実現すべく監理するので、より質の高い住まいが実現できる。
4.設計料は掛かるが、設計施工ではなく、施工に特化した工務店数社が、
  専門分野である施工に関し競争することで、価格差がはっきりわかるし、
  コストダウンにつながる。
5.ハウスメーカーや工務店より安くも、高くも自由に計画する対応が出来る。


一生に一度の家づくり。
まずは設計事務所に相談するのが一番だと思いませんか?
唯一無二の住まいなのですから!!

無料相談を希望される方は、お問い合せフォームより依頼ください。

     TOP Pageに戻る