Q&A

Q:設計事務所に依頼すると、何が良いのですか?

A:良いことは沢山あります。
まず、施主と工務店やハウスメーカーですと1対1の関係ですが、
そこに設計事務所が入ることで、3者の関係ができますので、施工者の一方的な意見で、良いのか悪いのか分からす有耶無耶になってしまうことを防ぐことができます。
また、ハウスメーカーの様に量産している所は別として、一般的な工務店に設計施工で依頼した場合、造るのが専門の会社ですから、図面をできるだけ描かずに工事をした方がキ合が良い(下請けの設計事務所に支払う金額を減らし、その分利益が上げられるから)ため、計画の段階での説明が不足しがちです。
それぞれの専業を全うしてこそ良い仕事ができると思います。

Q:設計事務所に依頼すると高くつくのでは?

A:決してそんなことはありません。
ハウスメーカーは、同じ家を量産して売りますから設計コストは下がりますが、
展示場を造ったり、新聞広告を出したり、来場者にお土産を差し上げたりと、それなりの経費を掛けます。そのため利益をかなり蓄えなければならす、総工費の35〜45%が利益になります。
一方、工務店は、設計施工の場合およそ25%の利益があります。

設計事務所が入った場合、設計料に10%掛けても、施工見積もりを数社で競わせますが、施工者は、打合せや設計等の営業コストが掛からない分、利益を15%以下に絞って競ってきます。そのため価格差はほとんど無くなってしまいます。
またオリジナルの家具をデザインしたり、住まいをトータルで考えることができるのもメリットになるかと思います。

ではデメリットはあるのかと言う事ですが、本来、設計は設計事務所。施工は施工会社というのが自然な形なので、デメリットなんてありませんが、
なかには設計事務所と施工会社が密にくっついている所もあり、うまく丸め込まれてしまうことも考えられます。それではせっかくの3者の関係が意味ありません。そのためにも公平な競争見積もりを行う必要がありますし、施工者も1社は、ご自身で選定したしていただきたいです。

Q:PLANが出たらもう変更は出来ませんか?

A:私のところでは、気に入ったPLANになるまで何度でもPLAN致します。
お客様に喜んで頂けなければ何の意味もありません。
初回PLANでOKが出ても、いろんなものを見たり、新たな情報により気持ちが変った場合、
実施設計直前でPLANを変更することがあります。
PLANの段階では、さまざまな要望や機能、仕様やデザインが盛り込まれてゆきます。
納得のできるPLANでなければ、建築士に依頼する価値はありません。

Q:誠風庵では、どのような仕事をしているのですか?

A:住宅を中心に店舗、オフィス、工場やホテル等さまざまな用途の仕事を致します。
また、新築だけではなく、増築やリフォーム、リノベーション、オーダー家具の設計も行います。
設計業務以外には、特殊建築物定期調査や建築設備定期検査等、
建物の車検のような検査業務も行います。

Q:誠風庵の特徴は?

A:他で出来ないと言われたような要望など、難解なものは燃えます。
また、「超」が付くものが好き?で、超省エネ住宅とか、普通そこまでしないでしょ!!と言う事への挑戦も好きです。ついでに、超ローコストとか、普通嫌がるものも拒みません。何故なら、できたら気持ちいいでしょう?お金を掛ければ大概のことはできますが、予算が少ない場合、難易度が高くなります。勿論、できないことはできませんが、努力はいつか成果として実るはずですから。 

Q:なぜ、住宅を中心としているのですか?

A:建築は、「住宅に始まり住宅に終わる」と言われるくらい住宅の設計は難しい仕事です。
どんな用途の建物でも、住宅と同じように玄関があり、リビングがあり、水周りがあります。
ホテルで言えば、ロビー等がリビング、個室は各宿泊室、ダイニングキッチンはレストランのように。
住宅は、小さいながらもそのような内容の詰まった建物です。シビアなコストとプランをまとめてゆく作業は大変ですが、とても充実しています。また、いろんな方と知り合えるのも楽しみです。

Q:坪単価でどの位の仕事をされますか?

A:
今までに、住宅では、坪32万円〜330万円の仕事経験があります。
一般的に、坪40万円〜60万円くらいが多いです。
希望や要望、こだわりによって、コストの掛けどころが違いますし、建物の大きさによっても違いますので、較べることは難しいと思います。あくまでも目安と考えてください。
※坪単価に含まれるものは、各建物で違います。(床暖、オール電化、空調、LAN配線等)

Q:建築士に依頼すると、考えを押し付けられるのでは?

A:施主の要望を限りなく100%、予算内で実現することが目標です。決して押し付けはしません。
当然ですが、施主から意見を求められた場合、それについて自分の意見、考えをご説明しますが、
最終決断は施主にありますので、法律違反、無理難題で無い限り、希望がかなえられるよう進めて行きます。

※その他、不明な点、知りたい事があればお気軽に相談ください。

家づくりは、一生ものです。焦らずゆっくり検討ができます。
分からない事はしっかり確認して欲しいと思います。


ご不明な点は、下記を ↓ クリックしてください。
E-Mailで問い合わせ IsseiOHYAMA
お電話でのお問い合せは、下記番号へお願いします。
「 053−441−7728 」