お問い合せ、依頼、相談は、
お気軽にメール又は電話にて
連絡ください。    


     お問い合せ
大山一誠(おおやまいっせい)
TEL 053−441−7728
FAX 053−441−7716
E−Mail
info@seifuuan.com

坪30万円台を目指す家づくり

  PROJECT   BOXシリーズ

何故、坪30万円台の家づくりをめざすのか?
きっかけ

あるお客様からの依頼で、ハウスメーカーでは予算が足りないので、何とかならないかと言う相談がありました。ざっくばらんに、この総予算で出来る住まいを検討して欲しいと言う依頼でした。総予算の中で、依頼者の希望をどれだけ組み込めるか?不安でしたが、新たなチャレンジが巡ってきたと思いました。

予算 建築費1000万円(消費税別)+設計料10%。
提案内容 総2階建て31.56坪。 坪単価は、31.7万円です。(消費税は別です。)
外     壁:断熱材付角折ガルバリウム鋼板(ガルスパン)
屋     根:片流れルーフデッキ
構     造:木構造 地元天龍杉(産直)葉枯らし材
内     装:床 厚さ30mm 天龍杉オリジナルフローリング(無垢材)
        :壁、天井 クロス仕上げ
        :玄関ポーチ床 墨モルタル ビー玉埋込仕上
電 気 設 備:照明器具、モニターホン、TV、電話空配管、その他コンセント等
給排水設備 :キッチン(I型2550)、1616ユニットバス、トイレ1ヶ所、洗面台、洗濯パン
        :プロパンガス使用
そ  の  他 :外部 L字型デッキバルコニー9.5u付
        :雨樋は無し
        :リビング部分に8畳低度の吹抜
        :木部の塗装は天然塗料
        :地盤改良は不要
        :下水道、上水道完備地
        :平坦地
        :単板ガラス

        :出入口2重ロック
 
ポイント 1.木構造の主体となる木材を天龍杉の産直とした。中間が無い分安く、しかも葉枯らし材と言う天然乾燥材が使用できた。
2.大工さんに出来るだけの手間を掛けないようにする。
3.基礎の立ち上り部分は、コンクリートにモルタル塗り等を施すが、コンクリート立ち上りをちょっと厚くして、モルタルをやめてしまう。一般に”打ち放し”と呼ばれるが、その表面処理もやらない、やりっぱなし仕上げとした。その他、支障の無い工事を簡略化(やめるのではない)した。
4.設備機器は、必要十分なもので選択。食洗機等付加機能は無し
5.職人の皆さんの協力を得ることができる。
問題点  現在は、シックハウス対策用換気設備設置の義務化等の法整備により、コストアップの要素が増えていて、コストダウンにつながらない。
こだわり  新建材を使えば、まだコストダウンが出来るが、そこまでしてコストを下げるより、こだわりの部分を残した方が、後々建物の付加価値ができると思う。
今後  坪30万円台の依頼は、なかなか来ません。
と言うより、付加価値になる要素、例えば、食洗機、オール電化、床暖房、塗り壁、オートロック等々の設備や構造上のグレードアップ、採光や通風の工夫、デザイン等加味すればきりが無いくらい変更できます。
しかし、急所の部分がスリムであるため、割安感につながって行くと思います。
ローコストと言うと、=何も付いてない、チープ。と言うイメージがありますが、人それぞれ必要な設備や配慮は違います。自分やご家族のためのオリジナルをつくる言うのは、とても経済的だし、一生に何度も経験することも無いと思うので、こだわってみても良いのではないでしょうか?
※この作品は、2001年の作品です。
建物は、それぞれ制約や条件が違うため、同じ物を同じ金額でつくる事は元々難しいですが、
昨今の物価高騰等により平均的に坪単価も上がってきてしまうことが残念です。

作品へ PROJECT9

ご興味のある方は、メールをください。

info@seifuuan.com
←こちらをクリック