家づくり 設計事務所に依頼するのが一番簡単!


 家づくり 設計事務所に依頼するのが一番簡単

  家を建てる時、こんなキッチンを付けたいとか、ユニットバスはこれとか、
  オール電化がよい、ソーラーを載せたい等、設備に目がいっていませんか?
 
  でも、家づくりで大切なことは、「どんな暮らしをしたいのか」、
  「この敷地ではどんなプランが良いのか」と言う事を考えることこそが重要です。

  ますは、自分を含め、家族が10年、20年、30年先に、どんな暮らしをしたいのか
  話し合う良いチャンスです。

  また予算も重要です。必要のないものにまでお金を掛けても、
  そのお金を支払うのは、他ならぬあなた自身です。


 なぜ、設計事務所への依頼が良いのか?
  
  大手ハウスメーカーは、ほとんどの場合、規格型の住宅ですし、自由プランをうたっていても、
  標準仕様から外れると出来なかったり、費用が高額になってしまったりすることもあります。
  しかし設計事務所の仕事は、作品毎、全てオーダーです。
 
  1.どんな家が良いのか、
  2.どんな風に暮らしたいのか、
  3.どんな設備が欲しいのか、
  4.どんなデザインが良いのか(趣味嗜好)等、
  5.予算はどの位なのか
 
  これらを提示することで、予算を考慮し、敷地を生かし、希望を備えた住まいが提案出来ます。
  これらを具体的に書いて持ってきてくださる方、
  何年も掛けて集めたであろう資料を持ってこられる方、
  全く何もない、分からないまま来られる方、様々ですが、
  対話により、いろんな希望や好みを伺いながら、形にするのです。

  希望を100%叶えることが出来るかどうかは解りませんが、
 法律や規則を守り、予算とのバランスを計りながら、計画して行きます。


 誠風庵では、こんな進め方をしています。

  誠風庵にご依頼があった場合、まず実際にお逢いして、お話しを伺います
  (その際、敷地に関する資料等、ある資料を提示頂きたいです。)
  次に、計画予定地を確認に行きます。
  プランニングを行い、建物の配置や平面図、模型を作成して御検討頂きます。
  この時点で、プランにはある程度の要望が織り込まれていますが、
  お互いに考え方の違いや相違もあり得ますので、時間を掛けて修正して行きます。
  プランがある程度OKとなれば、次に概算です。
  初回プランで、ある程度予算を考慮していますが、もう少し明確な金額を概算します。
  概算とともに3Dパースを作成し、外観や内観をパソコン上で確認して行きます。
  各室の希望、配置、照明、設備の仕様を確認し、OKがでれば、本設計に入ります。
  図面が完成したら、工務店数社に見積を依頼し、金額を比較します。
  見積により、工務店を一社に選定し、仕様等を再検討し、金額が決定。契約後着工となります。
 

 家づくりは楽しいけど、悩むことも沢山

  住まいの計画をする時、沢山の希望をかなえるべく、努力をするわけですが、
  そこには予算という壁があります。予算が沢山あれば実現できることも増えますが、
  どんな方にも夢や希望があり、それに見合った予算があります。
  限られた予算内で、希望を一つでも多く実現しようとすれば、どちらを優先するか、
  どの程度の仕様にするのか等、いろんなことをバランスよく選択して行く必要があります。
  家づくりは、とっても楽しいですが、悩むことも沢山あります。
  そこを乗り越えた先に、考え抜いたこだわりの家が完成します。


     TOP Pageへ戻る