土地探しについて

 土地探しをするときに、気になるのは坪単価ですよね。

坪単価が1万円高くなるだけで、トータル金額はドーンと変わります。

坪単価は、土地の立地、整備の具合、人気度など様々な条件から設定されます。

場所が良い割に安い土地だと思ったら、家が建てられない場所だったとか、

傾斜地の土地を購入したために、擁壁などで多額な工事費用が掛かったとか・・・。

以前の話ですが、工事着工し、基礎工事のため土地を掘削し始めた途端、

産業廃棄物が出てきました。掘っても掘っても産廃です。市役所に問い合わせたところ、

昭和40年代に土地の高低差を、産業廃棄物を生めて、盛り土することで、

平坦な畑や宅地にしていた場所があることが分かりました。

(市役所に明確な場所の資料あり)

市役所は、地主の合意によって無償で行った工事なので、責任は売主だと言っていました。

結局、施主が負担して産廃処理及び、地盤造成を行いました。

建物を建てるだけでも大変なことなのに、想定外の出費に施主の気持ちを思うと

いたたまれない気持ちでした。

新たに土地から購入される場合は、是非その土地について、

出来るだけ細かく調べてみて下さい。

不動産屋さんだけではなく、近所の方とか、

古くから住んでいる方に聞くのも良いと思います。

人間が誕生するよりもはるか昔よりある地球上の土地(埋立地以外)なら、

何かしらの歴史があると思います。

少なくとも、十数年単位の情報は解ると思います。

次に、敷地の周囲を見回し、道路の舗装にヒビがあるとか、

沈下があるか調べてみて下さい。

軟弱地盤であったり、産業廃棄物が埋め立てられていたりする事があります。