seifuuan
i-style
セミオーダーハウス i−style

 i-style について
 長寿命の必要性

  家は最も高価な実用品であり、最も高価な買い物と言えます。
  しかし、
日本の住まいの平均寿命は、26〜27年と言われ、
  
約30年のサイクルで建て替えられています。
  これは、建物の寿命によるものではなく、
  
生活スタイルの変化に、建物がついてゆけない事が原因です。
  人生サイクルは、上記のようにほぼ30年と考えられます。
  「結婚→出産→子育て→親の扶養→子供の独立」と 単身から、結婚して夫婦二人となり、
  子供が出来、3人、4人と変化します。
  更には、親と同居することで、5人、6人ともなり得ます。
  その
生活形態の変化に対応できれば、建物をもっと生かせるのではないでしょうか?
  
i−styleは、このような生活スタイルの変化に追従し、次世代に受け継ぐことの出来る家づくりです。

              

 これからの建物に求められること

   1.住む人が健康であること

   2.耐震性に優れた建物であること

   3.省エネルギーであること

   4.環境コストの少ないこと

   5.コストバランスがとれていること