Semiorder House i-style
セミオーダーハウス i−style

 OPENな空間

    初めから、個室で仕切られた建物は、リフォームしたくても、柱や梁の組み方がどうなのか
    筋違いがあるのか分からないために、取り外すことが出来なかったりと、将来の
間取り変更に
    
自由度が奪われます。あらかじめ主要な部分を明確にし、移動できる柱を理解していれば、
    将来的に、
間取りの自由度が増します。内部の間仕切りは、部屋と部屋を仕切るものであって、
    構造上必要なものではありません。
    
    例えば、結婚したばかりの夫婦二人暮らしでは、広い部屋で使用できます。
    お子さんが生まれても、直ぐには個室は必要ありません。
    ある程度大きくなって、個室が必要になるのは、小学校に入る頃でしょうか?
    その時に、個室に仕切ります。生まれてから6年も先の事です。
    そして進学等で、家から離れてしまうと、一緒に暮らすのはせいぜい18〜20年。
    
個室が必要な期間は、10〜12年程度なのです。
    もちろん、大学も通学される場合もありますし、就職してからも、同居される場合もありますが、
    将来、どのように変化するのか分からないのが未来です。
    その時、ちょっとした修理で、部屋が直せたなら、生活のしやすさが違うのではないでしょうか?
    OPENな空間へのこだわりは、そんな発想から始まりました。