お問い合せ、依頼、相談は、
お気軽にメール又は電話にて
連絡ください。    


     お問い合せ
大山一誠(おおやまいっせい)
TEL 053−441−7728
FAX 053−441−7716
E−Mail
info@seifuuan.com

設計上の考え方

空間

 誠風庵のテーマは、「気持ちの良い空間づくり」です。人それぞれ、性格も、好みも、生活スタイルも違いますから、当然、住まいに対するこだわりのポイントも違います。
住まいをつくる時に一番に願うことは、「家族の幸せ」です。
家族が、楽しく、健康で、穏やかに過ごせること、それは、家族と空間の間(距離感や視覚的なこと)風の流れ、光(自然光+ライティング)等の調和が大事です。

デザイン

 建築は、芸術作品のひとつととらえる事ができますが、他芸術作品と違う点は、
1.長期間、使用できなければならない。(鑑賞用ではない)
2.何でもOKではなく、さまざまな法律上の制限がある。
3.予算がある。
上記の制約の中で、何がベストかを見つけながら、外部から見られる建物、内部で気持ちよく過ごせる空間をまとめてゆきます。
 誠風庵のこだわっていることは、「バランス」です。 同じ材料、同じ形状の建物でも、バランスの良い建物とそうでないもは、全く別の印象を与えます。
 家は、街並みに調和しながらも、印象に残る存在感があり、住むことに喜びと誇りのもてる家づくりを目指します。

材料

 最近、アスベストやシックハウス等で話題になっていますが、使用する材料によって健康被害を受けることもあるのです。
 日本には四季があり、夏は暑く、湿度も高い。冬は寒く(浜松は比較的温暖ですが)、乾燥します。
日本の伝統的な工法は、そんな条件下で培われてきました。
自然素材には、調湿効果もありますし、手触り・足触り(テクスチャー)も違います。
基本は、自然素材を使用した家づくりを目指します。
しかし、適所に新建材を採用することもあります。
建物の強度を持たせるため、外壁に構造用合板(2×4のように)又は、他パネル製品を張ることは構造強度を増す付加価値になるので行いたいことです。
また、クロスは今でも一般に使っています。(のりには注意が必要)
新建材は、健康被害の元だから使わない、と言う考えではなく、必要な場所に配慮して使うことが良い方法に思います。