お問い合せ、依頼、相談は、
お気軽にメール又は電話にて
連絡ください。    


     お問い合せ
大山一誠(おおやまいっせい)
TEL 053−441−7728
FAX 053−441−7716
E−Mail
info@seifuuan.com

BACK ←    Project29    → NEXT

Find

静岡県 浜松市

外観 外観
自然素材 自然素材
自然素材 
 勾配天井  勾配天井
 
制震工法GVA+タスキ掛け筋違い
 
制震工法GVA+筋違い
制震工法について

   瓦屋根の建物は重量があるため、より強くなくてはなりません。
  誠風庵では、木造であっても構造計算を行います。
  建築基準法の「軽い屋根、重い屋根」の分けだけでは心配ですからね。
  そしてより高強度の強い家を造りますので、基礎配筋や金物類も多めです。
  更に、地震エネルギー吸収システムGVA(制震工法)を採用することで、
  建物を末永く安心して住むことができます。
  大地震が発生した場合、
そのあとに繰り返して地震が発生することがあります(余震)が、
  大地震に耐えた建物は、金物回りの釘やボルトがゆるんだり、
構造用合板の釘が浮いてしまったり等、
  構造耐力の低下を生じさせます。
  制震工法を採用し、地震エネルギーを吸収することで
建物への負担を抑えることができます。
  建物は、普段、外部の力から我々の生活を守ってくれています。
できあがってしまうと分かりませんが、
  壁の中で、みんなを見守ってくれています。